医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの

MENU

医者

勤務医の税金対策

勤務医の税金対策ですが収入を増やす以外に、控除額を増やす方法があります。控除額を増やすことで、大きな節税になる場合がありそうです。さまざまな控除を例にあげて、医師ができそうな節税対策についてご説明します。

詳しく見る

高所得者の悩みと対策

電卓とお金

医者の税対策

医師は高収入の代表的職業です。しかしながら、現在の日本は少子高齢化が進み、団塊の世代が高齢期に次々と突入し、子供の数が減る状況で、医師が担う役割は高くなり、都市部の大手医療機関では次々と運ばれる急性期患者に押し寄せる外来患者の対応で医師は長時間の過酷労働を迫られています。また、地方病院では慢性的な医師不足で、一人の医師が担う患者の数が多く、こちらも過酷な労働条件となっています。給料のみを見てみると支払総額は一般的なサラリーマンと比べると医師は高いと言わざるを得ないのですが、労働人や仕事で持つ責任など様々な観点を総合的に判断すると、その割に安い給料と言っても過言ではないでしょう。日本の所得税法では累進課税制がとられており、収入が増えると課税率も高くなり実質的な負担増となりますので、何らかの節税対策をとりたいです。給与所得控除というものがありますが、勤務に必要な経費を一律で収入に応じて控除するものです。ただし、医師の平均年収は勤務医で1000万円〜1300万円と言われていますので、一律220万円までの所得控除となります。所得控除は所得額の低い人ほどメリットが高いと言われており、医師のように高収入である場合、節税効果は低いように思われますが、一般のサラリーマンで所得控除を申告している人は非常に少なく、逆に医師の場合、申告している割合が高いため、節税効果として非常に有効なものであると考えられます。また、交際費や引っ越しに伴う費用、通勤費超過分など様々な特定支出費用が控除として適用されるため、これらの知識を持ち合わせることが節税効果を上げることとなるでしょう。

スーツの男性

累進課税は本当に平等か

現在の衣料の現場を見ると医師の収入は決して高いと言えるものではありません。そのため、医師になる人が少なくなっています。医師は高収入に見なされるため、税率が高いです。節税効果を考えて金融投資商品に投資する人も増えています。

詳しく見る

聴診器

確定申告への裏技

医師は、一般の人よりも節税に力を入れています。開業医であれば尚更です。その姿勢は、私たちにも参考になります。仕事に必要な服装や勉強の費用は、確定申告書に書き加えることで節税に繋がります。これは、サラリーマンにとっての節税の裏技にもなります。

詳しく見る

医者

手取りを増やすコツ

住宅ローン控除などを活用して、地道に節税する方法もありますが、法人化して納税額を減らすプランも評判です。コンサルタントなどを活用するのが、医師が節税する場合の基本であり、理事長などのポストを家族に分散させるのがポイントです。

詳しく見る

電卓

信頼できる人に相談する

医師が節税対策を行うためには、支援してくれる専門コンサルタントを見つけると良いでしょう。セミナーに参加して、専門コンサルタントを紹介してもらうのもいいかもしれません。また、実績があり信頼できる人に相談しましょう。

詳しく見る

PICK UP

医者

勤務医の税金対策

勤務医の税金対策ですが収入を増やす以外に、控除額を増やす方法があります。控除額を増やすことで、大きな節税になる場合がありそうです。さまざまな控除を例にあげて、医師ができそうな節税対策についてご説明します。

詳しく見る

スーツの男性

累進課税は本当に平等か

現在の衣料の現場を見ると医師の収入は決して高いと言えるものではありません。そのため、医師になる人が少なくなっています。医師は高収入に見なされるため、税率が高いです。節税効果を考えて金融投資商品に投資する人も増えています。

詳しく見る

聴診器

確定申告への裏技

医師は、一般の人よりも節税に力を入れています。開業医であれば尚更です。その姿勢は、私たちにも参考になります。仕事に必要な服装や勉強の費用は、確定申告書に書き加えることで節税に繋がります。これは、サラリーマンにとっての節税の裏技にもなります。

詳しく見る

医者

手取りを増やすコツ

住宅ローン控除などを活用して、地道に節税する方法もありますが、法人化して納税額を減らすプランも評判です。コンサルタントなどを活用するのが、医師が節税する場合の基本であり、理事長などのポストを家族に分散させるのがポイントです。

詳しく見る

電卓

信頼できる人に相談する

医師が節税対策を行うためには、支援してくれる専門コンサルタントを見つけると良いでしょう。セミナーに参加して、専門コンサルタントを紹介してもらうのもいいかもしれません。また、実績があり信頼できる人に相談しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの All Rights Reserved.