医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの

MENU

手取りを増やすコツ

医者

評判のプランとは

勤務医や開業医などの属性に関わらず、各種控除制度を最大限に活用するのが、医師が節税によって手取り収入を増やすための基本です。しかし控除によって節税できる金額は限られているので、税理士やコンサルタントなどを活用して、更にアドバイスを受けるべきです。とりわけ診療報酬があまり多くない、開業医の間で人気があるのは、概算経費率の適用によるシンプルな節税のプランです。開業医の確定申告などをサポートする税理士に相談すると、個別のクリニックの経営状況に合わせて、最適なプランを示してくれるでしょう。しかし病院で働いている医師の場合には、給与から税や社会保険料がすでに差し引かれており、節税するのはハードな作業です。そのような場合にはマイホームを購入するチャンスを生かして、住宅ローン控除によって納税額を減らすのが最も賢い方法です。特に高額の一戸建てやマンションを購入する医師が多いために、住宅ローン控除を利用すると、効率的に納税額を減らせるでしょう。一方で病院勤務の医師が開業する場合には、法人化するのが節税への近道であり、医療機関専門のコンサルタントのサポートが不可欠です。経営コンサルタントの個別相談サービスを利用して、最適な物件を紹介してもらうのが、開業を計画的に進めるためのポイントです。そして医療法人を立ち上げたときには、理事長などのポストを家族数名に分散させることで、誰でも簡単に節税が行えるでしょう。

Copyright© 2018 医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの All Rights Reserved.