医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの

MENU

累進課税は本当に平等か

スーツの男性

分離課税を利用

現在、少子高齢化が進む日本で、不足していると言われているのが医師です。少子高齢化により不足する医師の現状でありながら、なぜ、医師になる人が少ないのかと言えば、それは労働環境にあります。大手医療機関では運び込まれる急性期患者と外来受診患者の対応で忙しく、休憩時間や食事の時間も曖昧になりがちです。時間的に給与を換算すると割が悪い仕事と言われています。勤務医の平均年収は1000万円と言われていますが、苦労して働いても一般的な目線で高収入な医師は差し引かれる税金の割合も高いです。日本では累進課税制度が採用されているため、収入が高ければ課税率も高くなります。節税の方法は様々ですが、開業で節税を考える医師もいますが、開業には様々なリスクが伴い、節税のために大きなリスクを取らなければいけません。近年、金融投資が注目されていますが、投資利回りに対する課税は一律20.315%となっています。FXや株の投資が代表的ですが、株の場合、特定口座があり、この口座で取引すると、譲渡益税の計算が自動で行われ、税引きの金額を受け取ることができます。確かに株にもリスクはありますが、特定口座で取引した損失は同年に受ける配当金や譲渡益で損益通算が行われます。たの投資商品で利益や分配金等が出ている場合も確定申告を行えば、税還付が受けられます。とは言え、医療に詳しい医師でも医師、株の知識がない人も多くおられます。ただ、上場企業には、医療系企業や製薬会社も多く、これらのセクターでは知識が高いことから、医療系や製薬会社の銘柄に投資しておくと良い節税効果が得られるでしょう。

Copyright© 2018 医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの All Rights Reserved.