医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの

MENU

確定申告への裏技

聴診器

サラリーマンにも適用

お医者さんは節税とは無縁、そんなふうに思っている人が殆どです。しかし、医師のように収入が多い人の方が、より節税に力を入れているのです。実入りの良い仕事をしている人は、収入に対する税金も半端ない状態です。医師が節税を考えるのは、切実な問題があるからです。特に開業医の場合、収入の大半が経費となることも少なくありません。クリニックの内装や医療器具など、相当な設備投資が必要となります。そして、もう一つ忘れてならないのが、書籍の費用です。医師という職業を続けていく限り、医学に関する勉強は必須事項です。そのため、毎月拠出する医学雑誌や年鑑もばかになりません。それらの費用の全ては、必要経費として認められます。必要経費と認められれば、収入から控除されることになります。収入が多い医師という職業も大変だと感じるかもしれませんが、この節税に対する姿勢は、私たち一般人にも当てはまる案件と言えます。サラリーマンの場合、仕事に対する必要経費は企業が負担してくれます。しかし、個人が拠出した経費は別です。仕事に必要な服やアイテムは、確定申告で必要経費と認められます。それに加えて、仕事を続けるための勉強に掛かった費用も一部認められるようになりました。このことを鑑みて、もっと必要経費を見直してみるのも良いでしょう。仕事に関する経費であれば、確定申告書に載せることも忘れてはなりません。結構意外な所で節税が実現するのです。

Copyright© 2018 医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの All Rights Reserved.