医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの

MENU

勤務医の税金対策

医者

控除額を増やす方法

勤務医は、非常に多忙です。ほかの職業であれば、収入を増やすためにアルバイトをすることも可能ですが、医師の場合は時間的に難しいでしょう。医師ができそうな節税対策ですが、収入からの控除額を増やすことでしょう。まず、給与所得控除ですが、これは医師の年収により決まってきます。年収には毎年、多少の変動がありそうです。次が基礎控除ですが、これは医師でなくても国民全員が、一律38万円と定められています。結婚していれば、配偶者控除を利用して節税できそうです。また、お子さんがいれば扶養控除で節税できます。扶養控除の条件は「同一生計をともにしている者」なので、子供以外に離れて暮らしている両親なども、生活費を仕送りしていたりすれば、扶養に入れることが可能です。社会保険料控除は、医師の年収によって違ってきます。年金と健康保険は、住んでいる自治体により違いがあります。医療費控除は、家族に病気の人がいる場合、領収書を取っておけば大きな節税になりそうです。生命保険に加入していると控除の対象になります。生命保険も、契約内容により控除額が変わってきます。生命保険の契約内容を見直すことでも、節税対策になるかもしれません。家を住宅ローンで建てていると、住宅ローン控除があるでしょう。医師に豪邸を建てる人が多いのは、節税対策を考えてのことではないでしょうか。ほかに、寄付をすることでも寄付金控除されますから、節税になりそうです。

Copyright© 2018 医師の方は節税対策を知っておこう|節税効果として非常に有効なもの All Rights Reserved.